Roadkingをめざして (盗難情報編)

バイカーための盗難関連情報ブログ by盗難車情報ネットワーク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

毎日必ず盗難に遭っている

14日文京区でFXDLが自宅マンション駐車場から盗難されています。

このブログで順序は違えど、わかるのが、毎日必ず盗難されている車両があるということです。

国産車などあがってこない情報もありますので、台数も毎日数台被害に遭っているでしょう。

ハーレーで言えば、窃盗団からすると、純正セキュリティは解除できるということです。これは、以前の盗難でも解除されて盗まれていることがあります。
他の国産メーカーの純正セキュリティでも、解除された事例はいくつかありますので、ユーザーの方は早急に対策を。
スポンサーサイト

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/11/21(火) 02:55:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<未遂からまた。。。 | ホーム | さいたまで未遂>>

コメント

通関業者との連携とか

こんにちは、はじめまして。

かなり昔の話で恐縮ですが、僕は通関業を営む会社に
勤めておりました。航空貨物代理店ですね。

その経験に照らしてちょっと書いてみます。内容的に
すでにご存知のようでしたら、この書き込みのことは
忘れてください。

通関業者で私は輸出を担当していたのですが、通関業者には
輸出者の情報がたんまりと!!!あります。

輸出者の住所や会社名(個人名)はもちろん、
相手先つまりは輸入者の住所や会社名、
またどのような物をいくらで輸出申告し輸出したのか、
有償だったのか無償だったのか等など、情報の宝庫です。

怪しい貨物については、税関に申告する前に
何となく中身を確認したことは数知れずでした。
バイクの盗難現場を押さえるという活動とともに
通関業者さんたちと何らかの共闘を組むのも
一法かと思います。

バイク便と関係が深い業者さんや、
ライダーさんの多い業者さんなら結構協力してくれる
のではないかと考えます。

いきなり盗難バイク対策といっても何でしょうから、
とりあえずは非公式な形、あるいは個人的な関係から
構築して行き、徐々にシンパを増やしていって
ゆくゆくは税関当局にも動いてもらえるように
できたら良いでしょうね。

まあ、ひとつネックとなるのは、輸入の場合はカネが国外に
出てゆくケースが多いので税関も厳しく検査やら何やらやって
くれるのですが、輸出の場合には基本的に国内にカネが
入ってくるケースがほとんどのため、「国益」から照らして
輸出通関は輸入通関に比べてかなり甘い部分があります(経験上)。

まあ、そういう部分を乗り越えて行く気概を持つことが何よりも
重要かと思いますが、いずれにせよ、窃盗団や窃盗団からバイクを
引き取っている連中の情報は、多かれ少なかれ税関はもちろん
通関業者にもかなりの量で蓄積されて
いることは間違いないと思います。

長文、ごめんなさいでした。
  1. 2006/11/22(水) 22:45:09 |
  2. URL |
  3. K #tzb6dJyA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://roadking.blog12.fc2.com/tb.php/316-924086be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。