Roadkingをめざして (盗難情報編)

バイカーための盗難関連情報ブログ by盗難車情報ネットワーク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本テレビ バンキシャについて

昨日あった報道は、バイク乗りには、かなり反響があったみたいだ。

いろいろなところで、昨日やってたねバイクの盗難と話しかけられた。
他のブログでもかなり話題にしている人がいたなぁ。

これが、真実の報道なら、うちらも気をつけないとヤバいっすね。と話を合わせていけるのだが、きな臭い部分がありすぎて、やってましたねとしか言えなかった。

台湾からの盗難バイクを奪還したときには、いろいろな協力があった。

まず、外交を繋ぐインターポール(国際警察)の存在。
そして、現地の良心的なバイカー(オーナーズクラブ)そして台湾警察。
その他、多くの人達が動いて奪還した。

今回のは制作会社と現地タイ警察のみ。これを聞いたときは初めからこちらへ持ってくるのは、無理だろうなと予想していた。
しかし、はじめに制作側は、被害者たちに現地から取り返せますよと美味しいことしか言ってない。
はじめ被害者たちはまた思い入れのあるバイクに乗れると思って浮き足立ってた。

そこで、とりあえずストップをかけたのが我々で、ちょっと待って、そんな簡単なもんじゃないと伝えた。金がいくらでもあるんだったら、そりゃいけるかもしれない。いや、国対国の外交問題だから、それでもダメかもしれない。

それでも、大丈夫と言うようなことを言われたらしく、我々もそれ以上はつっこまなかった。制作会社に何か方法があるのだったら、それはそれでいいじゃないかと沈黙した。

しかし、結局は被害者もピエロとなり、踊らされておしまい。ここから先は、自分たちでどうぞ。
ひでー話だ。

あの報道は実際のロケとは、だいぶ違っているようで、ほんとやらせクサイ感じがしてならない。
局が数字だけを狙い、被害者の気持ちを考えてないのなら許せないことだと思う。
スポンサーサイト

テーマ:ニュース - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/04/10(月) 23:33:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<これからの盗難について | ホーム | タイでの盗難バイク発見について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://roadking.blog12.fc2.com/tb.php/217-9bc63d21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。