Roadkingをめざして (盗難情報編)

バイカーための盗難関連情報ブログ by盗難車情報ネットワーク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本日放送されたニュースなぜ太郎の情報間違い

本日、テレビ朝日で放送されましたニュースなぜ太郎のバイク盗難についての認識不足について訂正します。

今回の窃盗団はプロの窃盗団予備軍、または全く関係ないグループだと推測しますが、放送では国内でバラシて海外の発展途上国で売りさばいていると言われていました。

それは、過去の盗難事例であり、我々自警団の中では、現在それはほとんど無いと思ってます。

理由として、アジア圏(中国、フィリピンなど)で見ますと、10年以上前の中国などでは著しい経済成長によって富裕層が増え、高級バイクに乗ってみたいという需要がありました。
しかし、現在の中国市場では中国内にも高級バイクの正規代理店があり、富裕層はそこで購入することができます。これは高級自動車でも同じです。

日本国内から海外のプロ窃盗団が減少したのは、そこまで危険を冒してまで日本から盗難する必要がなくなったのと盗んだ中古バイクの海外買取相場も落ちているのでしょう。

また、アフリカ圏では日本からの距離的な事もあり窃盗団としては組織として動くなら欧州圏からでしょう。
また交通手段などのインフラ整備もできていないので、まだまだそこまでの需要もないと思っています。

そして決定的な違いは現在の大型バイクのセキュリティシステムは、10年前とは全く進化してます。
そのセキュリティの違いはあえて伏せときますが、特に欧州バイクについては苦労して盗んでも、そのままでは流すことができないのです。

以上のことをふまえて、現状の盗難は部品の転売などの一部のバイク屋くずれ、もしくはその地域でのグループであり、組織的な窃盗団ではないと思っています。

ブログランキング
スポンサーサイト
  1. 2014/11/01(土) 09:48:03|
  2. 盗難対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神奈川、東京注意

 最近、東京・神奈川での被害が続出してます。

その昔、六本木の二輪コインパーキングなどでもかなり被害がありました。

対岸の火事ではないことを自覚して下さい。

ブログランキング

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2014/06/09(月) 19:58:09|
  2. 盗難対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

情報提供についてのお願いと注意点

盗難に関して意識を持っている方々には、いつも御協力有難うございます。

さて今回は長文となりますが、ひとつ注意していただきたいことを述べたいと思います。

被害者の方、その知り合い(友達)などが被害に遭ったことをネット上にあげ、情報提供を求めるのは自分の盗難されたバイクを藁をもつかむ気持ちで何とか発見したいと公開していると思います。
これはこれで被害者の心理からすれば当たり前のことなので問題ありません。

しかし、その後ある程度単独(もしくは仲間同士)で調べた情報をネット上に公開するのは避けたほうがよいでしょう。

ひとつ例をあげますと、被害者の友達ということで我々にも情報を先に下さいましたが、もっと情報が欲しいと思い、この場所が怪しいと、ネット上に公開してしまい被害者だけでなく、ネットを見ている人が、面白半分で、その場所に行ったり、悪く言えば、第三者が探偵ごっこの真似をして探りをいれ、犯人に逃げられる可能性もあるということです。

2chや、拡散した被害情報などは、日本人を含む窃盗団であれば見ている可能性もあるのです。
それをおおやけに公開してしまうということが、どういうことかわかると思います。

窃盗団に関しては、そこはナーバスになっているので、すぐいなくなってしまうか、証拠隠滅を図るでしょう。

2004年から2005年にかけての台湾からのバイク返還について、2008年に行った秋葉原でのおとり捜査、これはインターポールや警視庁、マスコミなどと情報公開せずに、被害者も含め内々で進めてきました。

その結果、(稀ですが)海外から数台ではありますが、返還されたり、窃盗団(中国人と思われる輩)には逃げられましたがスクープ映像(TBS報道特集)となり、窃盗団に対しては、警笛を鳴らす牽制になったと自負してます。

この情報化社会ですので、前文でのことが、ネット上に拡散されただけで警察は動きが鈍くなり、マスコミなどはスクープ取れないなら動いても。。。というのがバイク盗難の現状なのです。

我々は決して手柄を取って、皆様の前で、すごいだろう的なことは思ってなく、頂いた情報を精査して本庁(警視庁)へ挙げたいのです。

今回のFacebookのような先行してブログであげる不審情報の場合は、一被害者からの情報を頂き、情報がぼやけている場合です。

ぼやけている情報では警察もマスコミも動きませんので、情報公開してブログを見ている方へ他にも被害者がいないのか協力を求めますが、それ以外はいつも事後報告でしかありませんし、被害者の方と内々で動いていることは公開しません。

皆様が個々に活用しているネットで、どこまでのことを挙げればいいのか判断が難しいとは思いますが、そんなときには相談して頂ければ幸いです。

ここ最近、関東圏では被害が続出してますが、今後も予防線を張り皆様へ情報提供できればと思っています。

ブログランキング

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/12/16(月) 03:03:53|
  2. 盗難対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近のバイク盗難傾向

昨日も西日本でバイク盗難していた輩が捕まりましたので、ここ最近の盗難傾向をひとつ。

関東関西、最近国内で動いてるのは、単独または小グループの日本人が多いでしょう。

昨日捕まった輩も、日本人です。それも全日本選手権などにも出場してた元A級モトクロスライダー。

ある程度バイクを熟知してる輩なので、盗むのも容易ではないでしょう。

大型小型問わず、今起きてるバイク盗難は、部品販売だと思われます。盗ったバイクをバラして売る。

売る方法はいろいろあると思いますが、やはりオークションが大半でしょう。

または、よくある部品買い取りセンターなどの店舗です。

昔起きたのは買い取りセンターの雇われ店長が、売りに来た盗難品を自分で買い取り、店を通さず第3者へ販売。

自分の小遣いかぜぎをしてたというのがあります。

これは、被害者の方が、買い取りセンターで自分の部品が展示販売してあるのを発見してわかった話です。


ひと昔前に発生していた窃盗団といわれる輩は、海外へ持ち出します。

そうなると、ある程度台数をまとめて船に乗せるなど短期間で台数を揃えなければなりません。

いま発生している盗難は、スポット的に1~2台盗んで、ピタッと止まります。

これは単独犯ではないかと推測し、徒党を組んでの組織犯罪ではないと思われます。

みなさん東日本では、出先での盗難も起きてますので、自分のバイクはしっかりと対策をしてください。

ブログランキング

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/04/04(木) 10:03:36|
  2. 盗難対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

都内盗難注意

最近、新宿・渋谷などで乗り逃げ盗難が発生してます。


都内で駐車する場合は、くれぐれも気を付けてください。


ブログランンキング

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/03/23(土) 09:45:32|
  2. 盗難対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の二輪盗難事情

最近、あまり更新してませんので、もう辞めてしまったのか?というメールを頂きますが、そうではなく大型バイクの盗難が減少しているということです。

これは、数年前に1ヶ月何十台と被害が出ていたことに比べますと信じられない状況で、大変喜ばしいことです。

いろいろ状況を推測しますと、海外窃盗団(主に中国)は、自国のバブル経済により市場が、二輪より四輪に向いています。

日本販売の高級外国車(四輪)メーカーに確認すると、今の新車発注台数も明らかに中国に押され、優先度合いも中国で、希望車種の発注に時間がかかるそうです。それだけ経済が動いている国が優先されているのでしょう。
二輪もそれだけ、本国で手に入りやすくなったのでは。

逆に考えると、そのほうが我々バイクオーナーからすると、窃盗団も日本で暴れないでくれるのでいいのかもしれませんが、皆さんの仕事あってのバイクでしょうから景気もよくなってほしいし複雑です。

しかし、景気が悪いと国内でも徒党を組んで悪いことをする輩が出てきますので、今まで通り十分注意して下さい。

ブログランキング

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/09/19(月) 22:56:35|
  2. 盗難対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

自分のバイクの再確認を

被害が多い時期は毎年似ています。

今年はちょっと前に窃盗団らしき外国人が検挙されていることもあり、どうかわかりませんが例年の傾向ですと10月下旬から、かなりの数の被害が出ています。

気をつけることに無駄はありません。もう一度身の回りを確認してみて下さい。

・ツーリングに出かける際、防犯用品を外に置きっぱなしにしていないか。
・出先で不審なスクーターなどが着いてきていないか。
・乗っていないバイクに触られたような形跡はないか。

被害が出ていないと、注意するのを忘れがちです。再確認を。

ブログランキング

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/10/27(月) 22:54:31|
  2. 盗難対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今回の中国系犯罪組織摘発について

先月末に摘発された2つの中国系犯罪グループはバイク盗難にも絡んでいると推測してます。

強盗や窃盗を繰り返してきた中国系グループが安定した資金源を獲得しようと繁華街からのみかじめ料を確保しようとしているとのことですが、このグループの末端が行っていると思われる二輪盗難は今後も続くと考えています。

一時的に盗難はなくなるかもしれませんが、警視庁の警戒が薄れてくれば、また同じことを繰り返すでしょう。

静岡での盗難に関しては、ブラジル人が絡んでいる可能性が強く、彼らも携帯、ネット関係で強い連携を持っています。

吸い上げている組織としては2グループと考えており、ルートとしてはドバイを経由してギリシャ、中国に入るか、タイ経由での中国でしょう。

一部の犯罪を犯す外国人のせいで真面目に働いている人たちもそう思われてしまうのは、大変悲しいことです。

二輪を所有する方々は、今後も気を抜かず注意するようにして下さい。

ブログランキング

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/06/07(土) 22:22:59|
  2. 盗難対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

被害者の方に気をつけてもらいたいこと

以前も何度かお話していることですが、自宅マンションなどで被害に遭われた方が半年後にまた被害に遭うということもあります。

これは窃盗団も盗難保険のシステムなどを熟知していて、もし加入していればまた同じところにバイクがあるのでは?ということで確認する可能性があるのです。

同じ被害を繰り返さないためにも、購入より先に防犯対策をして下さい。

ブログランキング

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/03/23(日) 10:57:06|
  2. 盗難対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この時期気をつけなければいけないこと

3月は引越シーズンです。

この時期に、新しい生活をはじめる人たちは多いと思いますが、知らない土地にバイクも持って行くとしたら、その場所のリサーチは必ず必要でしょう。

プロの窃盗団でなくても、近所の悪ガキにいたずらされたりすることもあります。

ツーリングでも同じですが、初めて通る道はやはり気をつけねばなりません。

ブログランキング

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/03/11(火) 01:22:14|
  2. 盗難対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今なぜ盗難が少ないか

少ないかというより、なぜ盗難が起きていないのか?

みなさんは、わかりますか?

北京オリンピック、北海道サミットなど各国を挙げてのイベントがあります。

そのためかどうかわかりませんが、警察などの警戒態勢が強くなったような気がします。

我々は、この警察の動きはだいぶ影響があるのではと推測しています。

成田の入国審査もかなり厳しいようで、入国しにくい状況であるのも確かです。

だからといって、安心できるかというとそうではありません。

窃盗団は、ゲリラ的に活動をはじめるからです。

常日頃から個々に警戒し、何も起きていない今の時期に、どういう対策ができるのかを考えるのも必要です。

ブログランキング

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/03/03(月) 22:37:14|
  2. 盗難対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

盗難対策について

下記メールをいただきましたので、ここで個人的な意見としてお答え致します。

被害者の多くは、今現在の二輪車盗難の状況を知らないか、または自分は大丈夫だろうと思っている方がほとんどだと思います。

そして、防犯用品についてもそれほど勉強しておらず、こんなもんでいいだろうという感じです。

正直、これもしょうがないかなぁと思っています。

実際に盗まれたことがないと、現状の危機感が出てこないと経験上思っています。

危機感を持っていただくために、このブログで盗難状況を発信していますし、これを見てこんなに盗まれているのかと感じ、少しでも対策を考えていただければというのが我々の願いです。

よく狙われたら諦めるしかないと言われる人もいますが、我々はそうは思いません。
しっかり防犯対策していれば、逆に狙われることもないとおもいます。

ここ一週間で都内では、また被害が発生しております。状況がわかり次第更新致します。


=======================

はじめまして、こんばんは。

いつも盗難情報を参考にさせていただいています。

いきなり、質問があるのですが、
盗難された情報には状況が書かれていますが、
カバーやロックはあってもアラームという文字がなかなか見当たりません。
窃盗団にかかれば関係ないとは聞きますが、
盗難されてしまった皆さんはアラームを取り付けなかったのでしょうか?
イモビライザーはどうでしょうか?


「これだけやったのに!!」という対策をとられたかたで
盗難被害にあった方が少ないように思います。

本当に大事であれば可能な範囲でも、もっとできる事があるのではないかな、と


以上、読んでいてみなさんの盗難対策に「ふと」疑問を持ちました。



ブログランキング
  1. 2008/01/06(日) 01:21:05|
  2. 盗難対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

盗難が止まりましたが

今回の関東ですと、2つ考えられます。

①海外へ出荷するコンテナがいっぱいになり、しばらく終了。

②神奈川から別の拠点へ移動。

①の場合、盗難車は盗ったその日か次の日には、分解して部品にしてしまいます。そして下記写真にあるように、部品ごとに番号をつけエアキャップで梱包して海外で再度組み立てます。

20071113.jpg

(被害者バイク警察現場検証写真より)

そして、組み立てられたバイクは、このように盗難車ではないかのようにオークションに出展されています。
しかし、なかにはしっかりとバラすときに付けられた番号だけは残ったままの写真もあります。
200711131.jpg


(中国のオークションで掲載されている写真)

200711132.jpg


もし、神奈川県内での被害が一段落ついたとしたなら、年明けまでに関東近県で、もう一度あるはずです。
これは、毎年のデータからの裏づけですが、中国などは旧正月で動きが止まりますので、1月中旬までにもう一度波が来ても何らおかしくありません。

②の場合ですと、神奈川県内である程度台数を確保できたので、拠点を埼玉や千葉などに移動し、そこから都内の乗り逃げ、近県でのマンションなどの防犯が甘いところからの盗難を開始するでしょう。

そのために、下見をしているのが考えられます。買取り業者を装いバイクに近づく、廃品回収業者が窃盗団に1台あたりいくらかでどこにあるのかを教えている、などなど。。。
様々なことが考えられます。(買取り、廃品回収業者がすべて窃盗に加担しているわけではないので注意)

そこで、被害に遭わないためにもこちらも防犯対策をしっかり行わなければなりません。
最低でも、地球ロックとイモビアラームは付けたいところです。

今のところ、このブログをブックマークしていただいているのは約1200人です。
毎日見る必要はないと思いますが、今盗難がどこの地域で起きているのかぐらいは気にして、個々に防犯対策をして下さい。

ブログランキング

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/11/14(水) 00:30:32|
  2. 盗難対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

過去のコンテナ被害

>かなりのロックをしても単車が見られてる限り盗難にあってしまうのが現状のようですがバイクコンテナに入れての盗難もあるのでしょうか?

このようなメールをいただきました。以前過去の記事http://roadking.blog12.fc2.com/blog-entry-267.htmlでも載せましたが、都内では既に破壊された例があります。

これは、ツーリングから帰ってきたところ、後をつけられていて被害に遭っています。自宅にしろ、ツーリングなどから帰ってくるときには後方からスクーターなどがついて来ていないか確認し、もしいたらすぐに保管するようなことはしないで、様子を見て下さい。

コンテナで保管しているから、大丈夫ということはありません。むしろ、防犯カメラだけのセキュリティのない無人のコンテナが並んでいるだけのところだと狙われやすいかもしれません。

コンテナの中でも、地球ロックとイモビアラームは必ず行うべきです。


ブログランキング←本来、楽しくない盗難のブログがトップにくるのは本意ではありませんが、今の状況があまりにも酷いためクリックお願いします。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/11/08(木) 03:01:15|
  2. 盗難対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今回の神奈川県内の盗難について

R246沿いは注意して下さい。

今回の盗難被害を見ていますと、R246沿いで発生しています。

そして、集合住宅などに駐車してあるバイクを2台一度に持って行くという大胆な行動です。

探しに来ているのは、昼間が多いと思いますので少しでもおかしいと思う不審者を見た場合にはすぐに110番をするようにしましょう。それによって警察は、その地区を緊急パトロールするようにもなります。

そして、バイクカバー、防犯用品などが触られた形跡がないかも注意して見て下さい。
窃盗団は、盗む前に必ず下見をし、どんなロックが付いてるかなどを確認しています。

前々から言っていますが、イモビアラームと地球ロックを併用して防犯するようにして下さい。

このままバラしてコンテナに載せる台数が足らない場合には、都内に出てくる可能性もありです。

仲間同士注意を呼びかけて下さい。

ブログランキング

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/10/29(月) 22:41:33|
  2. 盗難対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西日本盗難状況

こちらに京阪神盗難状況をリンクしておきます。

京阪神盗難状況マップ

赤は過去

緑は半年から一年前

紫はここ最近

ブログランキング

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/07/20(金) 20:35:39|
  2. 盗難対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

薬剤による疑い

何社か知り合いのキーメーカーに、伺いました。

質問:今までに薬剤を使ったカギの解除というのはあるのか?

回答:稀にあるかもしれないが、それを主として犯行に使っている窃盗はないと思う。

この稀にというのは住宅被害であって、ことバイクに関してはまだ上がってきていないとのこと。

そして、メーカーとしての薬品実験は、やけどなど試験者の安全を考慮して行わないということです。

もうひとつ、薬品による窃盗が増加した場合、警察も本腰をあげると思われます。これはカギというもの自体の必要性が無効になってしまうということもあり、バイクだけの問題ではなくなってしまうからです。


今回、何名かの被害者の方に協力してもらい、現場検証、被害物など調査をしました。

そこでの調査では薬剤は使ってないのでは?というのが我々の見解です。

簡単に説明すると、メッキ類は長期に渡り外部へさらして置くと白く粉を吹く場合があります。これは錆の一種です。
真白になっていると、何かを塗られたとかいう思い込みも出てくるでしょう。

もう一つ、液体窒素は?という推測もありますが、液体窒素自体はすぐ蒸発し、短時間での窃盗アイテムとしてはあまり有効活用できないと思っています。

では、窃盗団は何を使っているのか?ということになってくるのですが、基本は、我々も警察の現場検証に立ち会わせてもらった時の車の中にあった道具、ボルトクリッパーや油圧カッターなどだと推測してます。

ここでバイカーの皆さんへ注意してもらいたいことは、例えばツーリングに出かける時。
いつも使っている防犯用品(ロックなど)はどうされていますか?
その場に置きっぱなしの方もいるのでは?

これは一番危険なことです。その場狙いの乗り逃げ窃盗団は別ですが、自宅から盗ろうとしているグループは、必ず下見に何度か足を運んでいます。
置きっぱなしにしているということは、そこで使用しているロックの数やどんなものを使っているかなどを教えているようなものです。

見えない部分。ロックカバーの中に仕込みをされてそれにわからず、ツーリングから戻ってきてロックしたから大丈夫などと安心していると次の朝にはなかったということもあります。
実際、自分が被害にあった7年前もツーリングのときには面倒なので置きっぱなしにして触られていた形跡もありました。今思うと、もしかしたら下見だったのかもしれません。

特に共有部分に駐車している方については今後注意して下さい。

ブログランキング

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/06/23(土) 17:47:20|
  2. 盗難対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

要注意地域

今回の被害地域の場所をあげておきます。

R17沿い・R16号沿い・R14沿い・R246沿い

R408沿い・R125沿い・R4沿い・R354沿い

かなり広範囲に渡り被害が発生しています。集合住宅にお住まいの方は、いくつかの防犯用品を使うことをお勧めします。
昨年の被害台数と同じペースになってますので、仲間内でも注意を促して下さい。

ブログランキング

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/06/20(水) 20:55:34|
  2. 盗難対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

路上駐車について

メール、コメントで頂いておりますが、確かにここの所、大型バイクの盗難は起きていないようです。

国内外の情報網を調査しましても、あまり窃盗団が動いている様子はありません。

しかし、防犯意識は常に必要です。

路上駐車も増えているようですが、いつも窃盗されるのに予告はありません。

引き続き調査していきますが、個々に気をつけて下さい。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/05/21(月) 01:53:29|
  2. 盗難対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気をつけなければいけないこと

毎年のことですが、この時期は比較的盗難件数が一番起きない時期です。
それがどうしてか(たぶん旧正月との絡みと推測)は、よくわかりませんが1月下旬から2月上旬にかけては少なく2月下旬に一気に盗難が多くなります。

盗難の種類としては、暖かい夏は乗り逃げが多く、冬場は自宅からが多いです。
もうこれはすぐわかると思いますが、暖かいときは、皆さん外出などでもよくバイクを使うこともありますし、寒い時期は、乗らずに車庫に置きっぱなしになっているからでしょう。

寒い時期は、あまり乗らない。といわれるバイカーの方は、自分のバイクが誰かに触られてないか確認しておくのも必要です。
自宅から盗む場合、窃盗団は必ず下見に来ます。

その場から最短時間で盗もうと考えていますから、どんなものが付いているか見に来ているのです。
今までの被害者の状況を聞いても、これは間違いありませんので、常に置いてある状況を確認するのもバイクを思いやるオーナーの責任です。

このブログが、あまり更新されないのはいいことですが。。。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/02/04(日) 05:40:17|
  2. 盗難対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ディスクロックについて

ロータボルト


このボルトどこの部分の部品かわかりますか?

これは、先般、盗難被害にあった茨城の現場に落ちていたものです。全部で5本落ちていました。

これはブレーキディスクのボルトです。

今まで多くを語りませんでしたが、ディスクロックはプロの窃盗団にかかれば、あまり意味がありません。

ディスクロックは隙間がないため、非常に破壊しにくいものです。

しかし、彼らの手口としては、わざわざ破壊しなくても持っていけるのです。
ブレーキディスクのボルトを外し、空回りさせておけば、フロント、リヤ共にホイールがロックしてしまうことはありません。

最近の乗り逃げなどで、ディスクロックが付けていたにもかかわらず、被害に遭っているのは、このようにディスク自体を外しているのです。

そんな時間があるのか?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、慣れれば、5分あれば外せます。

ボルトを締めるのではなく、ただ外すだけですから。

ですから、ディスクロックは、無意味とまでは言いませんが、窃盗団に対しては、あまり有効なものではありません。

そして、今回も破壊されていたのはゴジラでした。

DSC01209.jpg

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/12/11(月) 00:21:34|
  2. 盗難対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なぜ危険か

書き方が悪かったので、説明しておきます。

なぜ、前述であげた道が危険なのか。

たぶん、窃盗団のアジトは、埼玉方面にあると思います。
盗難の起きている場所をひとつひとつチェックしていくと、主な道は、その3道路が多く、賊の行動パターンが見えてきます。

埼玉方面から上がってきて、練馬、板橋付近で先、または帰るときに物色して盗る。被害はいつも同じような場所で起きており、この道に近いところでの被害が多いのです。他の場所もありますが、今日回る場所は、どこにするか決めていると思います。

そして、いつも物色している道は、この3道路になってくるのです。
道も広くわりとスピードも出せることもあって、盗ってからも逃げやすい。(たぶん、途中にバイクを載せる車もあるとは思いますが)

他の被害場所もあるので、一概には言えませんが、必ず通っている道はこの3道路だと推測します。

あくまで、憶測でしかありませんが、この道路で、被害が多いのは事実です。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/11/03(金) 04:23:16|
  2. 盗難対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いまだに続く盗難に対して

都内では、まだまだ窃盗団の好き勝手が続いてます。
この前のテレビ報道で、皆さんへ一石投じることができたのですが、警察にも動いてもらいたいと思っている方もかなりいるはずです。

我々は、警察が何もしていないとは思っていません。
時にインターポールなどは、タイからの盗難バイク奪還や、ギリシャで盗難バイクが発見されたときなどは、かなり機敏に間に入って動いていただきました。

しかし、もし被害者、その他バイカーの皆さんが、もう少し協力してほしいと思ったときは、警視庁のホームページの左下をクリックすると、次のページに業務に対するご意見・ご要望というのがあります。

私も意見したことがありますが、意外と真摯に受け止めてもらえます。

ただし、何もしてくれないというような、批判的な意見ばかり言っても、それは何も意味がないし、前向きではありません。

公的機関が協力してもらうという、これほど強いものはないのですから、何とかこの状況を理解し、助けてもらいたいとお願いするのが、懸命だと思います。

いろいろな犯罪が多い中、バイク盗難の優先度がどのくらいに位置するかはわかりませんが、多くの意見が組織を動かす場合もありますし、警察には何とか協力してもらいたいものです。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/10/27(金) 00:45:51|
  2. 盗難対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

3連休

この3連休、都内を走る方は注意が必要です。

地方から出てくる方、晴れたからちょい乗りしようと思っている方、

狙われていれば、3秒あればもっていかれます。

警戒地区:台東区・新宿区・渋谷区
  1. 2006/10/07(土) 04:06:26|
  2. 盗難対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

位置検知装置

位置検知装置を付けているにもかかわらず、なぜ発見できないのかという質問を頂きましたが、大変残念なことですが、プロの窃盗団は位置検知装置を見つける手段を知っています。

どのような手段か、ここで記載するのは控えますが、2年程前に検挙された1BOXには、位置検知装置を発見できる道具が車から、発見されています。

何度も言いますが、やはり地球ロックとアラームイモビは、必須アイテムです。

盗難は続いてます。ハンドルロックだけでの駐車は絶対に危険です。

テーマ:Harley-Davidon - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/08/24(木) 21:22:47|
  2. 盗難対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

廃車届け

どうも、盗られている車種などを考察しますと、海外だけではなく、国内でも流通する恐れがあるのではないかと推測します。
これはあくまでも、推測の域でしかありませんが、被害に遭われた方は、早急に陸運局へ廃車届けを提出して下さい。

前回もお話ししたように、廃車届けを提出したからといって、再度登録ができなくなる訳ではありません。
盗られたバイクを再登録させない為にも、この作業は怠らないで下さい。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/08/19(土) 08:46:44|
  2. 盗難対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

壊されたバイクガレージ





かなり乱暴な破壊です。
たぶん、バールその他の大きな棒などでテコの原理でねじり切ったのでしょう。
今回扉のみの施錠でしたが、並んでいる他のガレージを見ても同様な対策しかしていないのが目立ちました。

周辺に人がいないとなると、大胆な行動で破壊行為は行なえます。
そして、ガレージ内から取り出す訳ですが、簡単に盗らせない為にも、ガレージ内でも防犯対策を行なって下さい。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/08/17(木) 01:58:59|
  2. 盗難対策
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2

もしものために

皆さんは、バイクの車検証はどのようにしていますか?
私は、車検証のコピーをバイクには持参してます。本物は自宅保管です。

あと、自分のバイクのエンジン番号を知っているでしょうか?
これは、車台番号とは違いエンジンに打刻してあるものです。この番号は車検証には記載されていませんので、確認が必要です。



ここ最近の盗難事件で、巷では乗り逃げということを言われますが、我々はあえてこれを乗り逃げとは言いません。それは、必ずどこかで車に積み込んでいるからです。最後まで乗って行くのなら完全な乗り逃げでしょうが。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/08/08(火) 22:51:06|
  2. 盗難対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

被害者の方へしてほしいこと

今回のこの永きに渡る盗難で、被害に遭った人達へまずしていただきたいことは、

早急に陸運局へ行き、廃車届けを出してほしいことです。

この理由としては、何年か前に盗難されたバイクが、再度国内で登録されて、中古車市場に並んでいたという事実があります。
そんなことあるのか。。。と疑問に思われる方もいるでしょうが、実際にあった話です。

これの1つの重要なことは、警察と陸運局は共にリンク(コンピュータ上での繋がりはあるようですが調べないそうです)していませんので、再登録されるバイクが盗難車かどうかというのは、陸運局はわかっていません。
しかし、廃車届けの申請をするにあたって、理由を書かなければなりませんが、そこで盗難のためと記載されていれば、その車番での再登録はありえないのです。(打刻を打ち変えていた場合は別ですが)

もしかしたら見つかるかもしれませんので、少しこのままにしておきましょうという販売店があるかもしれませんが、廃車届けを出した後でも、(費用はかかりますが)また再登録すればいいだけで、なんら問題はありませんので、すみやかに陸運局で手続きを行なうべきだと考えます。
海外へ流れるバイクが多い中で、国内での、もしもをさせないようにもしましょう。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/08/06(日) 01:51:02|
  2. 盗難対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

工夫が必要

相変わらず、大型バイクの派手な盗難が止まりません。
今日は、先日上尾のロイヤルホストで発生した現場を確認したのですが、やはり、車に積み込んだと思われます。
状況としましては、駐車場が裏にまで続いており、そこで積み込んだと推測します。
理由は、このハーレーは、改造もしてあり、爆音仕様です。それをエンジンかけて乗って行く時点で、すぐ気がつくでしょう。

今日は、防犯の工夫を1つ。
最近よく携帯できる引っ張ると外れて音がなる防犯グッツがありますね。
それをバイクカバーの中に付けて置くのです。

カバーとバイク本体とは釣り糸とか凧糸とかとにかく丈夫なもので繋いで、めくろうとすると外れて鳴るようにしておく。
グッツ的には、高くないので、それほどお金をかけずに対策できます。
窃盗団が一番嫌がるのは、音です。
何年か前に雨の日に盗難被害が多かったのはその為です。盗るときに雨音でかき消されますからね。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/07/28(金) 22:08:46|
  2. 盗難対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。